MY'ROOMS コラムページ

01ラグのお手入れ
〈前編:日常のお手入れ〉

billboad

ラグのお手入れは
必要不可欠

ラグの上で生活していると、どうしても色々なものがラグに付着してしまいますよね。
食べこぼしや飲みこぼし、人が触れたときに付く皮脂やフケなどなど……
これらをラグに残したままにしていると、ダニの発生による健康被害を引き起こすことにつながります。
ご自身やご家族の健康を守るためにも、適切なタイミングで適切なお手入れをすることが必要なのです。
今回は、前編と後編に分けて、状況や理想的な頻度別にラグのお手入れの方法をご紹介します。
快適で安全なラグ生活のために、ぜひ試してみてくださいね。

週に1~2回の
【普段のお手入れ】

掃除機

■掃除機がけ

フローリングにかけるついでに、なんとなくかけてはいませんか?
効果的なかけ方を意識して、ラグをしっかりきれいにしましょう!
何よりも最初に、ラグに触れる掃除機のヘッド部分をきれいにしておくのがポイントです。

step1

まずは一方向に掃除機をかけていきます。 この時、掃除機のヘッドをしっかりラグにつけて(でも力任せに押し付けたりはぜずに)毛足を起こすようにします。 掃除機は引く動作をするときにゴミをかき出しやすくなっているので、ゆっくりと前後に動かしてください。


step2

次に、90゜方向を変えて、同じようにかけていきます。 二方向からかけることでまんべんなくゴミを取り除くことができます。 余裕があるときはさらに斜めの方向からもかけるとより効果的です。 ラグの下の床にも掃除機がけをお忘れなく!

コロコロ

■カーペットクリーナー

掃除機で取り逃した髪の毛などの表面のゴミを取り除きます。

粘着力が強すぎたり回数が多すぎると、ラグを傷めてしまうことがあるので注意が必要です。
掃除機がけと組み合わせて、ラグの表面と毛足の奥を清潔に保ちましょう。

月に1~2回の
【たまにするお手入れ】

雑巾がけ

■雑巾がけ

目に見えるごみは掃除機やカーペットクリーナーで取れますが、表面についた皮脂などの汚れは目に見えなくても残っています。
洗えるラグは洗ってきれいにできますが、洗えないラグの場合は特に定期的な雑巾がけをおすすめします。

step1

少量の中性洗剤を水と混ぜて、洗剤液を作ります。その中に雑巾を浸して硬く絞ります。


step2

ラグの毛並みに沿って拭いていきます。


step3

別の雑巾を水に浸して硬く絞り、洗剤が残らないように数回拭き上げます。


step4

その後、乾いた布でから拭きをし、陰干しして乾かします。

い草の織り目の向き

い草ラグは水拭きNG!
い草ラグには、変色を防ぐための「泥染め」という加工がされています。
水に濡れてしまうと、その染料が取れてしまって色ムラができたり、カビの原因になってしまします。
そのためい草ラグのお手入れは、掃除機がけとから拭きだけでOK。
どちらもい草の織り目にそって優しく行うことが大切です。

アクシデント!
【緊急のお手入れ】

ラグを敷いていると、飲み物をこぼしたりといったアクシデントが起こることもありますよね。
お気に入りのラグが汚れてしまうのはショックですが、落ち着いて対処すれば大事に至らずに済むかもしれません。
シミにしないための基本の対処法はこちらです。

step1

ジュースやコーヒーなどの液体をこぼした場合、まずはティッシュやタオルで吸い取れるだけ吸い取ります。
ここではトントン叩いたりせず、押さえつけて液体を広がらせないようにします。


step2

こぼした箇所にきれいな水を少量かけて、乾いたタオルでトントンと叩きます。 シミが目立たなくなるまでタオルのきれいな面を使って繰り返します。 この時たくさんの水をかけてしまうと、余計にシミが広がったり、乾くのに時間がかかってしまうので注意しましょう。


step3

最後は水をかけずに乾いたタオルで叩いて水分を吸い取り、乾かします。


それでもだめだった時は…

洗面器一杯の水に、おしゃれ着洗濯用などの中性洗剤を10ml程度を混ぜます。
洗剤液に浸して絞ったタオルで汚れた部分を叩きます。
汚れが落とせたら、ラグに洗剤が残らないように水だけで濡らしたタオルで拭き上げて乾かします。

ラグのお掃除用に、こんなアイテムもあります。
マイナスイオンの力で汚れを落とすピュアクリーンは、ラグはもちろんキッチン周りの汚れや子どものおもちゃのお掃除にも使えます。
これ一本で洗浄・除菌・消臭・抗菌が完了!

  

以上、ラグの基本のお手入れでした。
お手軽な方法でも、ポイントをおさえて行えば効果がグンとアップします。
ぜひ普段のお掃除に取り入れてみてください。

まとめ

週に1~2回は掃除機がけやカーペットクリーナーでのお手入れを
月に1~2回の雑巾がけでより衛生的に
飲み物をこぼしてしまったときは、
①吸い取る ②タオルなどに汚れを移す ③乾かす
落ちにくいときは洗剤を少し

次回は2~3か月に1回ほどで行いたい、ラグのお洗濯についてご紹介します!